植物性

植物性エストロゲンって何?

美容に効果的とされる植物、プエラリアには美肌やバストアップなど女性の身体を美しくサポートする成分が豊富に含まれています。
なかでも、大豆イソフラボンでおなじみの植物性エストロゲンをプエラリアは豊富に含んでいます。
ミロエステロール、デオキシミロエステロールなどといった成分がその代表的なもので、イソフラボンの40倍の作用を有するとも言われており、大豆製品よりも確実性の高い効果が得られると期待されています。

そもそも植物性エストロゲンとは、女性ホルモン・エストロゲンが持つ作用と似た生理的作用を植物が有している場合に、それらの成分に対してつけられる総称です。
豆類はよく知られていますが、他にもザクロの種子にも植物性エストロゲンが含まれています。
ミロエステロール、デオキシミロエステロールなどの成分はプエラリアにのみ含まれており、他の食品からは摂取することができません。

逆に、強い効果を持っているため人によっては体調に変動をきたすおそれもあり、安易な摂取はおすすめできません。
エストロゲンは人間の身体に自然に分泌される成分ですが、これらは受容体という器官と結合し、体調を整えたり生殖器官を健全に保つはたらきをしています。
植物性エストロゲンは通常のエストロゲンに比べると効果は薄いといわれていますが、受容体に結合する作用がありますので、更年期中や閉経後の女性が摂取すれば、エストロゲンを補うかたちとなり体調の改善が期待できるとされています。
しかし、いくらエストロゲンよりも効果が弱いからといってプエラリア製品などを大量に摂取することはおすすめできません。
特にホルモン分泌量が安定している女性は体調が逆に悪化する危険性もありますので、用法・用量をしっかり守っての摂取が重要になります。

Copyright(C) 2013 女性に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.