植物性

プエラリアミリフィカはどんな人にオススメ?

プエラリアは豆類よりも多くのイソフラボンを含む、東南アジア原産の植物です。
サプリメントでもよく知られており、特にバストアップに効果があるとして若い女性のあいだでも人気を呼んでいます。
ジェルやローションなど皮膚に塗布するタイプの製品は誰でも使うことができますが、サプリメントや粉末など体内に直接取り込むタイプの製品は多くの場合20歳以上の成人の摂取が望ましいとされ、パッケージにもそのように注意書きがされていることがあります。

また、妊娠中や授乳中の女性、甲状腺などホルモンにかかわる疾患をお持ちの方もプエラリアの摂取は避けなければなりません。
実際、プエラリアの中に含まれる植物性エストロゲンは強力な作用があるとされ、10代もしくはそれ以下のお子さんが摂取するとホルモンに変調をきたすおそれがあり、身体が正しく成長していくあいだに何らかのトラブルが起きるリスクも高まります。
女性はもちろん男性でも、10代からの摂取は望ましくありません。

プエラリアを摂取するためには身体ができあがる20歳以降が理想的です。
また、女性ホルモンの分泌が激減する40代以降は更年期にさしかかる時期でもあり、ホルモンが体内に不足することでさまざまな症状に悩む場合があります。
倦怠感や肩こり・腰痛などの身体の痛み、頭痛・腹痛、代謝が落ちて身体にたるみが出てきたり、イライラやうつなどといった精神的症状を抱えるケースもあります。

これらのホルモン不足によって起こる諸症状は、プエラリアからエストロゲンを一時的に補うことによっていくらか緩和できる場合があります。
60代に入ると人間の身体はさらに衰え出し、肌も乾燥してきて次第に潤いやハリツヤが減少しはじめます。
そうした場合も、プエラリアを飲むことによって身体の内側から潤いをもたらし、肌へのアンチエイジングはもちろん、女性らしさを補う手段にもなりえるでしょう。
とはいえプエラリアは植物であり薬ではないので、あくまで一時的な対策法であり特効薬ではないことに注意が必要です。

Copyright(C) 2013 女性に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.