植物性

美肌効果のあるプエラリアミリフィカ

プエラリアには女性の健康を改善したり、ホルモンの調子を整えるはたらきがある他にも美肌効果があるといわれています。
美肌といえばコラーゲンがよく知られていますが、プエラリアには女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲンが含まれており、ホルモンの代わりとなって体内を活性化させ、その影響によってコラーゲンを増やして肌にハリをもたらしたり、肌を保湿して乾燥から守ったり、にきびや吹き出物などのトラブルを抑えるといった整肌効果が期待できるのです。
通常、女性ならば誰もがエストロゲンを体内に分泌させています。

ただし分泌量は人によって異なり、極端に少ない場合もあれば分泌が過剰な場合もあります。
特に30代後半から少しずつ減少が始まり、更年期と呼ばれる期間を経て閉経に至る際、ホルモンが体内から減っていることを知らせる「更年期障害」と呼ばれる症状が表れはじめます。
更年期は身体がつらくなってくるだけでなく、肌のハリツヤが極端に失われ、シワや毛穴が目立ち始める時期でもあるため、美容を心がける女性にとっては辛い時期でもあります。

そこで、少しでも更年期の進行を遅らせる(あるいは緩和させる)ために、女性ホルモンと似た作用を持つプエラリアが支持されているのです。
ホルモンが少なくなってしまった方がプエラリアを摂取すると、それまで乾燥しきっていた肌にうるおいが戻ったり、化粧の乗りが良くなる、ツヤが出てくるなどといった効果が期待できます。
もちろんホルモンを直接補うわけではないので、プエラリアの摂取を止めてしまえばまた元に戻っていきます。

とはいえ、更年期自体は誰もが自然と経ていくものですので、完全にストップさせることはできません。
自然な老化は避けられないと知ったうえでのプエラリア摂取を心がけたいものです。
また、20代前半の若い女性にとってプエラリアはホルモンバランスを乱す可能性があるため、肌がきれいになるからといって安易に摂取しないよう注意が必要です。
サプリメントではなくジェルやローションなどを使用する分には問題ありませんので、副作用のない範囲でプエラリアを生活に取り入れるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 女性に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.