植物性

こんな人はプエラリアミリフィカの服用に注意!

プエラリアはマメ科クズ属の植物で、東南アジアに自生しており古代より摂取されていた食品でもあります。
日本では若い女性のバストアップに効果的と、サプリメントとして多く用いられていますが、摂取に関しては誰でも可能というわけではなく、注意しなければならない場合があります。
まず、女性ホルモンに強く影響することから、甲状腺などのホルモン系疾患を抱えている方は男性・女性に限らず摂取を控えるようにしましょう。

女性ホルモン「エストロゲン」と似た作用を及ぼすと考えられていますが、実際体内でどのようにはたらくかは摂取してみなければわかりません。
リスクを避けるためにもホルモン分泌に不安のある方はプエラリア摂取は避けておいた方が賢明です。
また、プエラリアは20代以下の若い方、お子さん、妊娠中や授乳期間中の女性にもおすすめできません。

バストアップに効果があるということで中高生のあいだでも話題になっているようですが、体調に変動をきたしてしまったり、月経周期が乱れる、その他ニキビができやすくなるなど、健康が阻害される危険があります。
10代の方は成人してから、妊娠中や授乳中の方は赤ちゃんがきちんと離乳してからプエラリアを摂取するようにしましょう。
特に小学校以下のお子さんは家族の飲んでいるサプリメントを自分も飲みたくなり、隠れて飲んでしまうような場合がありますが、プエラリアに限っては強力な植物性エストロゲン作用を持っているため、お子さんの健康を阻害する可能性があります。

この場合お母さんは摂取時のリスクをきちんと説明し、飲ませられないと断っておく必要があります。
それ以外の方で注意が必要なケースとしては、芋アレルギーをお持ちの方はアレルギー反応を起こす可能性があるかもしれませんので注意が必要です。
芋に限らず、何らかのアレルギーを持っている場合も同じで、もしも痒みや咳などが出た場合はすみやかに使用を中止し、様子を見るか病院で診察を受けられることをおすすめします。

Copyright(C) 2013 女性に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.